スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

チェルノブイリから24年も経つのかぁ。

昨日、日曜日に
『24年目の「4・26チェルノブイリデー」記念講演会
テーマ いらない原発! 変えようエネルギー政策!』
というのに行ってきた。

原発はキケンだし、よくないよなぁと思ってはいるけれど、
でも実際どんな問題点があるのかよくわかっていないので興味が湧いていた。

知人から「講師の田中優さんの話は面白いから行くといいよ!」と背中を押され出かけることに。
いろいろな活動を行っている田中優(たなかゆう)さんという方がお話は、わかりやすくて本当に面白かった。

2時間という限られた時間の中で足早に進んでいったが、
原発はキケンなこと、特に再処理工場はキケンすぎて
環境にも未来にも経済的にもいいことがないことを教えてくれた。

また以前、ニュースステーションで原発の特集を3夜連続で行うはずだったのに
電力会社が「スポンサーを降りる」と圧力を掛け、1夜の放送分で終了したことがあったという。電力会社という大きなスポンサーや政策に対して声を上げられない体制があるのには、日本のマスコミは新聞社やテレビ局が同じ資本を持っていることにも問題があると話していた。(外国のメディアはそれぞれが単独で存在しているらしい)

いろんな資料を元に
あっちからこっちからと切り出される裏づけされたお話は
説得力があり、勉強になった。

特に放射能は外からではなく、体内に取りこまれると何倍にも濃縮されてしまうということ。
たとえば再処理工場から海洋中に流された放射能は
プランクトンから子魚に、小魚から魚に、そして私たちの食卓に・・・と
何倍もの濃縮を繰り返して私たちの体に取り込まれてしまうそう。
海洋中に放出されたときは低い値でも、
食物連鎖を繰り返して体内に取り込まれたときには何倍にも・・・恐ろしい。

ちなみに再処理施設としてすでに稼働しているイギリスのセラフィールドでは、
北極まで海が汚染されているという話だった。


電気は生活に欠かせないものだからこそ、
太陽や水力や風力など自然にあるエネルギーから
持続的に安全に供給されるものなければ。。。

原子力発電について
いろんな話を聞けて大変興味深かったです。
本当はもっと書きたいことがあるけれど、
ノートのメモが断片的でしっかりと思い出せない・・

それにしても『田中優(たなかゆう)さん』オススメです。
いろんな活動をされていて著書もたくさんあるようなので
機会があったらぜひ。







スポンサーサイト

2010.04.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

tamamushi

Author:tamamushi
北海道にU-tuenし、北海道のよさに気づき始めたところです。なので、これから北海道をじっくり回ってみたいと思い、自分の出かけた先の記録にしたいとblogを始めました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。