FC2ブログ

スズメ蜂対策について

蜂対策について、倶知安町の羊蹄山情報のHPに書いてあったので、以下に抜粋します。


スズメバチの習性
○ハチの活動が活発になるのは8~9月
北海道では8~9月にハチの被害が集中して発生しています。この時期は働きバチの数も
最大になり巣が最も大きくなるため、この時期は攻撃性がとても高くなっています。
○匂いに引き寄せられる
ジュースや飴などの甘い匂いはもちろん、香水や整髪料などの匂いにも寄ってくるので
注意が必要です。
○素早く動くもの、大きな音に敏感
人を刺す気がなくても、手で振り払ったり大きな音を出したりするとハチは興奮状態に
なり攻撃的になります。ハチに出会ってもあわてず騒がず。

ハチが近づいて来たら
○動かない
ハチは素早く動くものに敏感に反応します。ハチが近くにやってきても、餌や巣の材料
を探しているだけです。近くに巣がない限り、静かにしゃがんでその場でじっとしてい
れば、やがてハチは去っていきます。

知らず知らずに巣に近づいていることも
○ハチの巣は目の見える所にあるとは限りません。知らないうちに巣に近づいていること
もあります。野山へ出かけたら道から外れないようにしましょう。
○ハチの巣に近づいていることは、ハチ自身がそのことを知らせてくれます。まず、近づ
いた人間の周囲をまとわりつくように飛び、その警告を無視してさらに巣に近づくと目
の前でホバリングしながら大顎をかみ合わせてカチカチと音を鳴らします。これは「こ
れ以上近づいたら攻撃するぞ」という最終警告です。ここまで来ると大変危険です。
それ以上近づくとハチたちに襲われてしまいますので、ゆっくり静かにその場から立ち
去るようにしましょう。

ハチに刺されてしまったら
① まずその場から50mほど離れましょう。
② 刺口から毒を吸い出します。ポイズンリムーバーも市販されていますが、口で吸いだす
事も効果的だそうです。その場合、吸い出した毒は吐きだすこと。
③ 体内に毒が残らないように繰り返し吸い出します。
④ 可能なら患部を冷やし安静に。
⑤ 動悸や、息苦しさ・口の渇き・冷や汗・めまい・血圧低下・しびれ・嘔吐・じんましん
などの全身症状がでたらアレルギーを抑制する薬を投与し、速やかに受診してください。

※過去にハチに刺された経験のある人やアレルギー体質の人は、刺されてから15~30分以
内にじんましんがでたり、息苦しさなどの全身症状が急にあらわれることがあります。
そのような人は対応が遅れるととても危険ですので、すぐに病院で治療を受けましょう。


やはり、偵察蜂に出くわしたらじっとして蜂を興奮させないことが大事なのかもしれません。
整髪料や香水、手で払うこともよくないようです。
他のHPで黒っぽい服は避けるともありました。

ほかにも対策を紹介しているHPがありますのでご参考になさってください。
俱知安保健所(後志総合振興局環境部保健福祉室)のスズメ蜂対策HP



今シーズンもいい思い出ができる登山になりますように。


スポンサーサイト



2011.07.31 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 自然

羊蹄山へ! 今年2回目

天気に恵まれた最高の週末でした。

花が満開でした。
が、その分、蜂が活発です。これから登山をされる方は蜂にお気をつけて。

_MG_2669_convert_20110724222321.jpg

_MG_2406_convert_20110724222409.jpg
ご来光

_MG_2445_convert_20110724222425.jpg
影羊蹄


お花が満開なので1合目から山頂までいろんな種類の蜂がたくさんいて、囲まれます。
今回利用したヒラフコースでは、1合目~3合目あたりに蜂が特に多いです。

山の上は風があると寒く感じます。ご来光を見た時はお鉢にいましたが、風があり、耳当てや耳が隠れる帽子が必要だと感じました。

倶知安町役場 羊蹄避難小屋通信の記録をチェックして、山の上の状況を把握しましょう。私が滞在中の最低気温は8℃でした。

山で一番大事なのは、迷惑をかけないことです。
自分のペースで山に登ること、無茶をしないこと、最悪の事態が起こってもそれを最小限にできる準備、装備をして山に入ること。(早く登ってケガをするよりも、ゆっくりでも日没前までに確実に登ったり、雨合羽、防寒着、白い服等でスズメ蜂対策など準備を怠らないこと)

羊蹄山には真狩コースとヒラフコースの9合目の間に山小屋(避難小屋)があります。トイレやストーブ(コークスストーブ)もあり、夏期は管理人さんが常駐されておられます。山の上にそれらの施設や体制があることに感謝です。素晴らしい景色や自然を見せてくれる山に感謝して、必ずゴミは持ち帰ること。

夜間登山は危険です。救急車が来てくれるような場所ではありません。夜は暗くて、もしかしたら知らない間に お花を踏みつけているかもしれません。


山を愛する心をもって、登山したいと思います。





続きを読む

2011.07.24 | | コメント(10) | トラックバック(0) | 羊蹄山

«  | ホーム |  »

プロフィール

tamamushi

Author:tamamushi
北海道にU-tuenし、北海道のよさに気づき始めたところです。なので、これから北海道をじっくり回ってみたいと思い、自分の出かけた先の記録にしたいとblogを始めました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード